読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が自分を「ゲーマー」と言わない理由

なんかですね、最近特にスマホでゲームが身近になったおかげか、はたまたゲームを披露するYouTubeなどが勃興したせいかゲーマーという言葉を昔より多く聞くようになった気がします。

 

でも、私はあんまりゲーマーって言葉を軽々しく使いたくないんですよ。

 

最初に言っておきますが、もうぶっちゃけこれは私の超超私見というか個人的な思いであり、他人に強要することはありませんし、他の人が言葉をどう使おうがそこらへんは全く問題ナッシングで自分がどう思うことでもないということだけあしからず。

 

で、話を戻しますと、私としては「なんか最近ゲーマーって言葉が軽くない?」って思ってしまうんですね。

 

ちょっとゲームが好きと言ったり言われたりしただけですぐゲーマーになっちゃってる気がするんですよ。

 

そうするとですね、同じゲーマーと言われた人間でも全然差があったりするわけですよ。ゲーセンで100円で延々と無双し続けられる人から、ただの自称してる人で数ヶ月に一本家庭用ゲームを買うだけの人までくらいの。

 

私にとってですね、「ゲーマー」という言葉はこうもっとなんていうか神聖なというか誇り高い言葉というか、ただゲームをする人やゲームが好きという以上の意味が欲しいんですよ。

 

だって、だったらゲームが好きなだけら「ゲーム好き」、ゲームが上手いだけなら「ゲームが上手い人」でいいじゃないですか。「ゲーマー」という特殊な称号を得るにはやはりそれなりの特殊感が欲しいわけです。

 

で、改めて自分が考える「ゲーマー」の条件を頭の中で整理してみました。多分こんな感じ。

 

①ゲームが大好きな人

②ゲームに詳しい人

③ゲームが上手い人

④ゲームに於いて他を先導する力のある人

 

①②③はなんだかんだで当たり前で、これは必須だと思っています。①②がなければただの上手い人だし③がなければただのゲーム好きでいい。

 

最後に大事なのは④。①②③の条件を満たした上で、自分の思いだとまだちょっと足りない。で、自分の中で子供の頃から見てきたゲームをする人たちのなかで「あいつはゲーマーだったな」と思う人は必ず他者を巻き込む力があった気がするんですね。簡単に言うとゲームを広める力。

 

具体例だとスターソルジャー高橋名人。まぁそこまで大きくはなくても学年に一人は居たじゃないですか、ゲームに友達をさそってそいつのお陰で周りにブーム起こさせるヤツ。んでもってそいつはゲーム強いんですよ。ただそいつが無双しすぎて周りが楽しくなくなることはなく、なんだかんだみんなで盛り上がれる。そいつを中心にゲームの輪が広がっていく、それを体現できるヤツ。

 

別に全てのゲームに詳しく無くてもいいんですよ。もちろんある一定のレベルは欲しいとは思いますが、もっと詳しいだけのやつなら他に居てもいいし、好きなだけなら他にもいる。でも広められる力はちょっと違う。それってコミュ力やん、とか思う人もいるかもしれないですが、そうじゃない。そうじゃなくても広がっていくからゲームって素晴らしいんですよ。

 

最初に言ったとおり、あくまで自分が言うかどうかの話なので他がゲーマーって言葉を使っても全然気にしないです。頭のなかで「そのゲーマーが指してるのはどのレベルの人なのかな」とは考えますけど。別に悪い意味じゃないですよ。話の齟齬が起きないために。だって「俺ゲーマーでさー」と言われたからマニアックな話振ったとして全然通じなかったら双方嫌な思いするじゃないですか。

 

最後に、タイトルにある通り「私が自分を「ゲーマー」と言わない理由」ということですが、自分は自分の事を一度もゲーマーと名乗ったことはないですし、そうは思っていません。

 

だって私ゲーム下手なんですよ。

 

好きですよ、大好きです。自分の人生の半分くらいはゲームで出来てると言って過言ではないです。でも典型的な下手の横好きなんです。あと知識もまだまだ足りない。もっと知るべきことや知りたいことがたくさんある。だから自分は今のところ「ゲーム好き」なんです。

 

サイトをタダ同然で貰ったことをブログに書いたらもっと非難されると思ってた

私事

このブログの初回は自分の居た会社がなくなって、その際に担当していたサイトであるミートアイをタダ同然で買って個人になった、というところから始まったわけですが。

 

結構コレを書くの怖かったんですね。

 

なんでかというと、知らん人から攻撃されるんじゃないかと思うところがありまして。

 

まぁネットでの知らん人からの口撃なんか放っとけといえばそれまでですが、無いにこしたことはないし、やっぱりされれば怖いわけですよ。

 

で、その予測されるその内容は簡単に言うと「お前楽してんのにガタガタ言ってんなよ」的なものです。

 

どういうことかというと、自分はタダ同然でサイトを頂いておるわけです。でそのサイトといえばまぁ一応100万PV/月以上は余裕であるわけで、最初に言ったとおり、一応試算上短期的には生きていけるくらいの収益はある事がわかっていると。

 

そうすると、世の中には「俺はこれからブログで食ってくぜ」的な人が大勢いらっしゃって、そういう人でこんな風にある意味最初から環境が整ってる人もまぁほぼいないと思われるわけです。

 

そういう人からしたら、自分はまぁ恵まれてるんですね。その人と自分の頭の中にだいぶ乖離があるとしても、たぶんそう見えるでしょう。

 

そう考えたとき、そういう今はなんにもないけどこれからブログで食ってきたい人間からワラワラ非難がくるんじゃないかなぁとよぎったわけです。

 

さっき言ったとおり、そんな輩の言葉なんて放っとけ的なことはごもっともなんですが、単純にあったらやだなぁと。

 

でも、実際には全く無かったんですね。少なくとも自分の目には1つたりとも入りませんでした。

 

そこらへんも自分の少ないフォロワーのTwitterFacebookでの発信が主なんでそもそも知人友人ばかりで、届かなかっただけ説も濃厚ですが。

 

というわけで無いかもしれない非難に言い訳をしておきますと、自分は今まで大体24歳くらいだったかな?それまで派遣社員で仕事をしていた以降、正社員としてしか働いた事がないわけであります。なので自営業などもってのほか、周りにそういう人はわんさといれど、やはり実感が無い世界だったわけですね。

 

ところがどっこい、勤めていた会社は消失、準備期間もままならないまま自分がやっていたサイトと共に野に放たれてしまったということで、望むでもない自営業になってしまったわけです。

 

もちろん、サイトの譲渡は自分が望んだことなので、そら自営で当たり前だろナマ言ってんなボケとお思いかもいしれないのは重々承知です。ただ、あくまで私は"自営になりたい・独立したい"が目的でこうなったわけではなかったわけです。お父さんが経済誌に載っていた金額を見て、やったこともないのに「お父さんユーチューバーで食べていこうと思う」と上手くいってた会社を突然辞めるのとはちょっと違うのです。今までやってきた好きな仕事を選んで気がついたら自営になってたわけです。言い訳がましいかもしれませんが、そこんとこはちょっと大目に見て頂けると心が安らぎます。

 

私がアプリレビューサイトに就職した理由

改めて一人でサイトをやるという節目にあたり、今一度原点を振り返ってみたいと思います。

 

そもそも私がアプリサイトに就職したには目的がありました。

 

当時、スマホが出始めたばかり、まだ「スマホ」という略称すらなかった気がする。そんな折、自分はミートロイドに就職んですね。

 

実は最初からミートアイに入りたかったのですが、当時Android端末が出始めたばかりでその時の会社はiPhoneのサイトであるミートアイを上手く他よりやや早めに始められた機運もあり、次のミートロイドを作ったばかりでした。

 

でも圧倒的にAndroid端末を扱える人間がおらず、両サイトで人材を募っていたところ自分は当時からiPhoneAndroid両方を多分その時点で熟知しているといっていい位には使っていたので、じゃあこいつはAndroid側に、ということでミートロイドに入ったわけです。

 

と、まぁそこらへんはいいとして。自分がアプリのレビューサイト、つまりアプリの情報を発信する仕事に就きたかったのはiPhoneAndroidより前のスマートフォンに遡ります。

 

まぁ遡るっても2,3年程度なんですが。

 

iPhoneAndroidが日本で出る前にスマートフォンはあったんですね。ご存知Windows Mobileでございます。

 

ガジェット好きとしては多分にもれず自分も使っていたんですね。とはいっても当時まだ若かった自分にそんなにお金もなくWindows Mobileを使い始めたのはW-03シリーズでもだいぶ後期のWILLCOM 03でした。

 

で、このWindows Mobile端末。今のモバイルOSと比べると遥かに安定性が低いし、何よりアプリの数が圧倒的に少ないんですね。

 

そもそも公式のアプリストアが存在せず(6.5以降いちおう出ましたが)、パソコンと同様自分で公開されているデータをインストールしてアプリを追加する、というものでした。

 

しかも端末自体の安定性も低いので、毎週末クリーンインストールしないと動きが鈍くなるくらいの感覚だったんですね。流石にやり過ぎだったかもしれませんが、それでも時間がちょっと経つと動きに怪しい部分が出て来るしやはり今と比べるべくもありませんでした。

 

さらに、もちろんですがまともなアプリストアもなければそもそものユーザーが少ないのでアプリも少ないんですね。

 

で、そんな環境を経験するとどうなるかというと、その数少ないアプリを作ってくれているアプリ開発者に対しての圧倒的な感謝が芽生えます。

 

そんなニッチな世界で自分にとって有益なアプリケーションを作ってくれる面識も無いネットの向こう側にいる人に対してとにかくありがとうと伝えたくなるわけです。

 

また同時に、自分と同じように困っているユーザーに対して、こんなアプリがあるよ、自分はこれを使ったらこれこれこういう風に助かったよ、こんな使い方するんだよ、と情報を共有したくもなるのです。

 

そう、それらを両方満たせるのが、アプリ紹介サイトだったわけです。

 

開発者にはアプリを紹介することで感謝の意とできれば収入を、ユーザーには知らないアプリを紹介することで利便性や楽しみを、ということです。

 

いまやアプリは当たり前の世界になり発信されている情報も多すぎて精査できないほどあり、ユーザー側へのアプローチは単体のサイト側から見ればむしろ難しくなっているかもしれませんが、自分としては、今でもこの2つを常に念頭に置いてサイトを更新しています。

 

サイト譲渡の契約書を交わしたその日に救急車に運ばれた件

サイトの譲渡が決まりまして、多少時間がかかりつつも会社とちゃんと契約をして一区切りね、という段階まで来た日のお話。

 

その時点で自分はもう物理的には完全に会社を離れておりまして、ただ譲渡となるからにはなんやかんやで色々とかかるわけですよ。主には契約面とデータ面。

 

いずれも会社側が殆どやってくれるという前提だったので自分としては、随時確認して待つくらいだったので、そこは本当にありがたかったのですが、いざ色々整って譲渡の契約書にハンコを押してタダ同然のお金を払ってこれで契約面は終了だ!となったその日の夜です。

 

風呂に入ってたらお腹痛いわけですよ。

 

その日はちょいと便秘気味だったので最初は「まぁ詰まってんのかなー」くらいに思って早めに風呂を切り上げてトイレに行ったんですが、出ないんですよ。

 

ただ、その時はそれもしゃーないかくらいで、21時くらいには子供の寝かしつけで一旦布団に入ったわけです。

 

そしたら23時くらいに痛みで目が覚めまして。

 

おっと、これは結構痛いぞ、ということでトイレに直行。すると一応出たんですね。ただ痛みが全然引かない。

 

この時点で若干これはどうしたものか、となってきました。

 

で、どんどん痛みが増してくるわけですよ。

 

実は自分はもう7,8年前になる頃に一回救急車で運ばれておりまして。その時は結果は頚椎のヘルニアだったんですね。

 

簡単にいうと、もともとストレートネックだったせいもあり、首の骨の一部が変形してその横を通っている神経に刺さった、という状態でした。で、その刺さった神経の司る部分が背中だったらしく、背中に激痛が走り続けて救急車行きとなったのでした。

 

そして今回痛いのがお腹かと思いきや、トイレ後に改めてサーチしてみるとどうやら後ろだな、と前回の背中とは違う場所ではありつつも自分としてはどうしてもあの時のことが脳裏に蘇るわけです。これはアレ級だったらヤバイぞ、と。

 

でそんなこんな事を考えていても、さらにガンガンに痛みが増してきます。

 

これは流石にアカンと、とりあえずヘルニアでの痛み発症時に飲む薬を飲みまして、それでもすぐには変わらない、と。

 

この間が起きてから多分30分くらいだったと思います。そのくらいの頃になるともう声を挙げて床をのたうち回るくらいになってまして、顔を伝った脂汗が垂れてソファーにシミができとるんですよ。

 

そこまできたらこれは耐えられないぞということで死にそうになりながら寝ていた嫁を起こして救急車を呼んでもらうことに。運良く二駅のところに総合病院がありまして、そこなら診てもらえるということで搬送。

 

尿検査、レントゲン、CTスキャンを経て出た結果は…尿路結石でした。尿路結石ってあんなに痛いんですね。しかも尿路っていうくらいだから、あの…そのぉ…メンズのバット的なところが痛いのかと思ってたんですが尿路って腎臓から膀胱へいくところみたいでして。痛いのは腎臓の下で腰の背後あたりなんですね。

 

でもお医者さんって凄いですね。あとから思い出すと、搬送されてきた時の様子と問診で結構原因が絞られてたんじゃないかなと思います。

 

正確にはその日の撮影では石は映らなかったのですが、どうやら尿に血が入ってたらしくほぼ確定と相成りました。尿に血が入るときって、こうマーブル模様みたいな感じで分かり易く入るわけじゃなく溶け込んじゃってるんですね。ちょっと今日は色濃いな、位に思ってたら血でしたwww

 

痛みに関しても薬が効いたのか、尿路結石の痛みがそもそも数時間くらいだということもあったのか病院に着いて少しくらいしたタイミングでかなりゆるやかになっていきました。

 

最終的には翌日に再検査、さらに一週間後にまた通院で一応先生からも尿路結石で確定ということになりました。そこまで大きな石でもないそうなので、手術等はせずにとにかく水をガブガブ飲んで出す、というのが当面の状況となりました。

 

で話は当日に戻りますが、救急車で運ばれる時ってそらもう緊急ですから着の身着のままなんですね。

 

帰りはなんとか午前2時くらいにタクシーで帰路についたわけですが、上着と財布は持って出たもののベルトをしておらず、丑三つ時に半ケツになりそうになりながらタクシー降りて外を十数メートル歩き、家のマンションのエレベーターを上がっていく際には「何故俺はこんなことに…」と思わざるを得ないのでした。

 

始まったばかりの自営業に襲いかかる恐怖

ミートアイ 私事

と、いうわけで昨日から始まったこのブログですが、やはり最初の掴みが会社からドロップアウトしてオッサン一人になったんやで、という内容だっただけにその続きというかもうちょっと詳細を書かねばならない気がしたりしてます。

 

で、タイトルにあるその恐怖ですが、仕事の最大の目的の1つと言っていい「お金」の話。好きでショ?銭の話。

 

大体がそうだと思うのですがWebサイトの収益減は広告です。

 

貼り付けてあるバナーのクリックだったり、紹介したアプリのダウンロードだったり、記事そのものを広告として書いたりですね。

 

で、この広告収益ですが色んな広告会社から得る事になる際にまず月単位で計算されるんですね。アナタのサイトではこの月にコレくらいのお金が発生したので、これだけお支払しますよ、と。

 

問題がこの、"これだけ支払いますよ"のタイミングなのです。

 

月末で集計されたものはどの会社も30日から長い所で60日後くらいに振込がされるのです。つまりインターバルがある。

 

さらに今回、私は社員として働いている月途中で契約中であるにも関わらず物理的に会社から出ていかなければならず、最後の出社月となったその月は途中から一人家でサイトの更新をしていても発生は全て会社のものという状態でした。

 

その時はまだ家でやっていても会社員なので仕方ないっちゃー仕方ないのですが、自分のものにならない収益のために一人家でやるのは精神的にジワジワ来ます。もちろんその月の給料は払われていましたが、会社にでていない期間はなぜか有給消化という扱いでございました。

 

そして、喪が明けて(?)その後もしこしこ更新を続けてきたわけですが、何ぶんその期間があったので思った以上に初めての支払いがあるまで一人でやってきた期間が長い気がしております。

 

まぁぶっちゃけると私、会社から出て家で作業をしはじめてすでに2ヶ月ほど経っているのですが、実はですね、まだサイトの収益を1銭たりとも自分で受け取れていないんですよ…

 

おい!大丈夫かコレ!?

 

一応計算上の数字は出ているので、入る予定はあるのですがとにかく不安でしょうがない!実際にお金が入って、それで生活費や税金やらを支払って一通りのサイクルを過ぎないと生活のペースが掴めずとにかく怖い!

 

も一ついうと、広告会社の管理画面で見られる収益って毎月リセットされるわけですよ。あれも怖い。月が明けた瞬間「お前の来月の給料は0だ!!ナシだ!!無給だ!!!このクズが!」と言われているようでこれも超怖い!もうね、月頭とか焦燥感ハンパない。一日中脇汗が止まらない。

 

よくまぁみんな自営業なんてやってるな、と思ってしまいます。

 

もちろん、ある程度見通しがつき安定し、蓄えもできればそんな状態でも少しは心穏やかに対処できるのかもしれませんが、何ぶん結構な短期間でドロップアウトしたわけでそもそものおちんぎんも大したあれだったことも相まって貯蓄も無い。

 

現在、これ書いていて余計に不安が増してきました。そんな感じで不安な毎日を過ごしています。

 

勤めていた会社が無くなったら自分が社内で運営していたサイトをタダ同然で貰ったでござる

ミートアイ

どうも、こんにちは、こんばんは、おはようございます。ミートアイというサイトをやっております、イマ&ムラと申します。

 

↓ここですね。

 

i.meet-i.com

 

で、どうもこうもなんですがタイトルの通りです。

 

この度、ミートアイを運営していた会社が親会社に吸収される形で無くなりまして、で自分がやっていたサイトはどうなるのか、ということだったんですが閉じるかお前にやると言われたので、ほぼタダ同然で貰うことになりました。

 

親会社のある会社だったのでなくなる際には吸収ということで、そこにいた人たちも基本的にはそこへ、という流れだったのですが私に関してはそうはならず、サイトを頂き晴れて無職となりました。

 

これからは基本的に私一人でサイトを運営していきます。

 

と、豪語(?)しようと思ったのですが、会社にいるときから8割以上一人でやっていたので、ぶっちゃけやることはあまり変わらないです。

 

収入に関しては今までは別事業も含め会社全体で発生した売上から給料が出ておりましたが(当たり前か)、これからはサイトで発生したものから運営にかかる費用を抜けばダイレクトに自分のものになります。

 

とはいえ、会社は無くなっとるわけですから、その収益加減がどんなもんかはお察しという感じでもあります。

 

ただ、一応今まで運営した中で流石に自分が担当している部署の収支くらいは見てきたわけで、そのまま自分に全部移行したうえで発生もそのままあれば、まぁなんとかどっこいどっこい生きていけるかなぁ、という感じです。決して裕福ではありません。前も今も。無理だったら再就職します。

 

あと、こういう時に買った値段が「ほぼタダ同然」と言ってもなんやかんや結構な金額出したんやろ?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、マジでタダ同然です。

 

中高の時などに「俺勉強してねーわー」ってやつがなんやかんや勉強してる現象がありますが、私はその当時からそういうのが大嫌いで「俺勉強してねーわー」と言うからにはマジで勉強0時間でテストに挑んでおりました。そんな私がタダ同然と言うからにはマジでタダ同然です。ジュース買うから小銭貸してレベルです。

 

ミートアイはiPhone関連のアプリレビューやニュースを取り扱っているわけですが、ここ数年スマホアプリレビューサイトというのは没落の一途を辿っておりまして、同業者として知り合いになった方のサイトなども結構閉じていきました。昔作ったままのブックマークのリストは開けば404か201○年で更新が止まっているなんてこともザラであります。その昔は個人で運営していたサイトが企業化なんてこともありましたが、ここにきて企業が運営していたサイトが個人に譲渡、ってのは結構レアケースなんじゃないかなと思っております。

 

そんなこんなで、そこらへんの流れもボチボチ書きつつも、サイト本体の方に書くにはだらけた内容や私的な内容についてはこっちに書こうかなぁと思いブログ始めました。ミートアイ共々宜しくお願いします。