読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんまり気にされてないかもしれないけどミートアイの地味な特徴と業界の裏話

ワタクシのサイトであるミートアイはですね、あんまり見ている人に意識はされていないと思うんですが地味に1つの特徴があるんですよ。

 

それが「ガジェット系の情報」と「アプリのレビュー及び情報」を取材まで含めて行ってどっちも扱ってるということです。

 

いやいや、あるやろそんなもん。とお思いかもしれませんが意外と少ないんですよ。

 

基本的にどっちかに分かれます。特にサイトが個人に属するところでこれをやっている人は多分殆どいないはずです。

 

ガジェット系で言えば大きくはiPhoneの販売時のApple Storeや、キャリアの端末発表会、他アクセサリー類のレビュー、最近ではよくドローンに関しては取材にお誘いいただくことが多いですね。

 

アプリ方面はレビューを始めとして、リリースの発表会や体験会、ゲームショウなんかも行きます。

 

で、なんでこれを両方扱うサイトが少ないのかというと、まぁ多分良く言えば選択と集中ということなんだと思います。

 

じゃあ、なんでオマエはそれをせぇへんのや、という事になるわけですが。自分はどっちも好きなんですよ。大好きなんです。ガジェットもゲームやアプリも。

 

サイトを作る際に大体がペルソナなんて言われたりしますが、仮想の顧客を想定するんですね。そこでウチとしてはそれがどういう人間なのかというと自分なんですね。

 

なぜ、自分なのかというと、今まで会社で勤めて色々やってきたのを見ていてですね、実際に目の前にいない・想定だけで作ったペルソナ向けのサービスはほぼほぼコケるというのを目の当たりにしてきたからです。

 

大体やるんですよ、「このサービスは誰に向けたものなんだ?」みたいなこと言われて。で「(じゃあ一番バズりそうだから・広告収入が多そうだから・広がりがありそうだから)20代女性です」みたいな安直なことすると、まぁそれがほぼ的外れになるんですね。

もちろんそれもちゃんと時間と手間をかけて突き詰めれば上手くいくこともあるし、逆に言うと上手くいってるところはそれができてる。

でもやっぱりね、身近な人が一番確実なんですよ。これは単に想定能力が低いということでもあるんですが、そうそう高い人もいない。その限られた能力の中でやるにはこれしか方法がないわけでもありまして。

 

なので、ウチは「私イマ&ムラがその情報が欲しいか」が掲載のデッドラインとなります。

 

おこがましいような話に聞こえるかもしれませんが、これが一番確実なんです。おそらく多分。

 

頭の中で作っただけのペルソナって、まぁ人間ってのはほぼ無限のパターンを秘めてるんで多分探せばどっかにいるんだとは思うんですが、そこに届くまでが難しいと思うんですね。

 

それがまず自分であれば、少なくともすでに一人に届いてるんですよ。んでもって人間ってのは一人いればまぁ大体近くに他もいるんですよ多分。Gみたいなもんです。

なので自分を基準に考えています。

もちろん全部が全部、100%全部ではないですよ。ココらへんの人に届くかな〜ってのも載せます。自分を中心に周りに広げていかにゃならんのも確かなんで。ただ基本はそこにあります。

 

というのがミートアイの特徴。

 

で、さらにそこから業界の裏話へ。

 

ガジェットとアプリ(主にゲーム)これらの情報を両方扱うサイトが少ないってことなんですが、これが取材に行くと如実にわかりになります。

 

どういうことかというと、取材に来る人やサイトが全っ然被らないんですね。

 

どちらのタイプの発表会でも構いませんが、数回行くとまぁかなりの数の人の顔を覚えられます。だいたい同じ顔ぶれ。意外とこの業界狭いんですよ。

 

ただし、ガジェット系とアプリ系(特にゲーム)はまず被りません。多分どっちも行ってるって人はまずいない。系統できっっれーーーーーに別れるんですよ。来る人単位ならまだしもサイト単位で。

 

まぁ最初に言った通りサイトで扱わないんだからそりゃそうですよね。

 

でも、いつも自分はそこで思うんですよ。「どっちもスマホに関係してることなのになんで?」と。

 

だってユーザーからしたら関係ないじゃないですか。

 

iPhone買ったらスペックや次の端末も気になるし、アクセサリだって買う。で何もアプリを使わないかといったらそんなことはないでしょう?何かしらアプリをダウンロードして使うし、ゲームもするでしょう。

 

App Storeのランキング見て下さいよ。トップセールスなんてゲームしかないですよ。つまりiPhoneを買ってかなりの人はゲームを遊んでるわけですよ。じゃあiPhoneの情報サイトなら扱うでしょう?だからといってiPhoneの物理的な特徴や使い方、次期端末の噂や情報、アクセサリを扱わないのも変でしょう?むしろなんで両方扱わないの?と思います。

(ココらへんについては意地の悪い言い方も思いつきましたが止めておきます。)

 

そう考えてしまうとどうしてもどっちも捨てられないんですよ。貧乏性なもんで。ただ↑の理屈にツッコミどころがあるとかそういうのもなんとなーくわかりますよ。

 

もちろん物理的限界もあるので広く浅くなって情報が薄いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そこはもうホント頑張りますしもっと頑張るつもりですとしか言えないです。ここが最大の弱みですかね。

 

あえて、自分の思い描くサイトのイメージを言うなら、「iPhone(及びスマホ)の事が物理・ソフト含めて大体の事がちょっといい感じでわかるサイト」がミートアイです。